Raspberry Piオーディオ (5/5) Volumioの使い方 // efloral.jp ≫ blog

トップページ葉桐夕希のブログ Raspberry Piオーディオ (5/5) Volumioの使い方

Weblog

Raspberry Piオーディオ (5/5) Volumioの使い方

Raspberry Piオーディオ (5/5) Volumioの使い方

この記事は、Volumio Version 1.55を使用したものです。Volumio Version 2を使用した記事も新たに書きましたので、必要に応じてそちらもご参照ください。
Raspberry Pi+Volumio version 2 (5/5) 使い方

これらの記事は、自分がRaspberry Piオーディオを作ったときの記録です。

————

目次
1. Raspberry Piオーディオ (1/5) 準備編
2. Raspberry Piオーディオ (2/5) Volumioのインストール
3. Raspberry Piオーディオ (3/5) Volumioの設定
4. Raspberry Piオーディオ (4/5) NASのマウント
5. Raspberry Piオーディオ (5/5) Volumioの使い方 (この記事)
おまけ Raspberry Piオーディオ ケース作成

————

Volumioで曲を再生するには、まずRaspberry Piと同一LAN内のPCのブラウザから「http://volumio/」または「http://volumio.local/」または「http://(raspberry PiのIPアドレス)/」でVolumioにアクセスします。
今回は曲ファイルはNAS上なので、下メニューの左側、「Browse」をクリックして表示された画面から「NAS」をクリックします。

volumio-501
volumio-502

マウント済みのNASの一覧が表示されるので、曲ファイルのフォルダを開いていきます。
再生したい曲ファイル、もしくは再生したい複数の曲が入っているフォルダの右に表示されているショートカット・メニューをクリックして、メニューを表示させ、プレイリストに登録したり、再生させます。
ファイルだけでなく、フォルダを指定することもできるので、アルバムごとにフォルダを分けておき、そのフォルダを「Add, Replace and Play」で再生するのが一番基本的な再生方法でしょう。

volumio-503
右に表示されているボックスをクリックすると、ショートカット・メニューが開きます

Add

選択された曲ファイルまたはフォルダ内のすべての曲ファイルをプレイリスに追加登録します。

Add and Play

選択された曲ファイルまたはフォルダ内のすべての曲ファイルをプレイリスに追加登録し、再生を開始します。

Add, Replace and Play

登録済みのプレイリストを破棄し、選択された曲ファイルまたはフォルダ内のすべての曲ファイルをプレイリスに追加登録し、再生を開始します。

Update this folder

曲ファイルを追加・削除するなどしたあと、フォルダ内のリストが更新されていない場合に、フォルダ内のデータベースを更新します。

下メニューの中央、「Playback」から、再生中の曲名や再生位置、音量が表示できます。
画面上の中央には「前の曲に戻る」「再生停止」「再生開始」「次の曲へスキップ」のアイコンが表示されているので、ここから再生する曲を切り替えることができます。
中央部に二つある円は、左が再生位置(パーセント表示)、右が音量です。

volumio-504

下メニューの右側、「Playlist」は、現在のプレイリスト一覧を表示できます。曲名をクリックすると、現在の再生を中止し、クリックした曲の再生をはじめます。

電源を切る場合は、右上の「MENU」から「Turn off」をクリックして、「POWER OFF」を選択し、しばらく待ってRaspberry Piのアクセスランプ(緑LED)が点滅しなくなったことを確認してからRaspberry Piに繋いだ充電器をコンセントから抜くようにします。
いきなりコンセントを抜くと、データが消えたり、最悪の場合データが破損して起動しなくなる可能性があるのは、Windows搭載PCなどと同じです。
「POWER OFF」ではなく、「REBOOT」を選択するとVolumioが再起動します。

volumio-505

————

5回にわたって、名刺サイズの小型コンピュータ「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」を使ったオーディオ・プレイヤーの製作方法を紹介しました。
Raspberry Pi 2 model Bにハイレゾ対応オーディオ・カードDurio Sound PROを搭載し、部屋のホームシアター・システムに接続しましたが、以前に比べてもかなりクリアな音になり、音楽を聴くのが楽しくなりました。
ミュージック・サーバ・ソフトとしてVolumioを使う場合、Linuxの知識も不要なので、かなり敷居は低いです。
みなさんも挑戦してみてはいかがでしょうか。

————

目次
1. Raspberry Piオーディオ (1/5) 準備編
2. Raspberry Piオーディオ (2/5) Volumioのインストール
3. Raspberry Piオーディオ (3/5) Volumioの設定
4. Raspberry Piオーディオ (4/5) NASのマウント
5. Raspberry Piオーディオ (5/5) Volumioの使い方 (この記事)
おまけ Raspberry Piオーディオ ケース作成

Category :PC/音楽

efloral.jp コンテンツ

最新記事

カテゴリ別

過去ログ(月別)

トップページ葉桐夕希のブログ Raspberry Piオーディオ (5/5) Volumioの使い方